事実婚 慰謝料

事実婚でも慰謝料を取る方法!

事実婚でも慰謝料を取ることは可能です!でもある程度の条件が

事実婚でも慰謝料を取る方法

事実婚でも慰謝料を取ることは可能です!でもある程度の条件と慰謝料を取るために必要なことがあります。

事実婚だったから…と泣き寝入りしたくない方は参考にして下さい

kanasiiyone

事実婚でも慰謝料を取ることは可能です!

なので何もせずに泣き寝入りするのはやめましょう

その為にはまず事実婚とは何なのか?を正しく理解する必要があります

役所に結婚届を出さずに夫婦生活と変わらない状態であること

夫婦で別姓を名乗りたいという理由が多いですが 何らかの事情があり届けを提出しない方も多いです

法律では内縁・準内縁と見なされ保護の対象になります

 

通常、事実婚であると認められる為に1番のポイントは 役所に「妻(未届)」など内縁関係です!

と届出がされていれば 慰謝料を取れる確率はかなり高いです

 

届け出をだしていない場合

1・婚約をしていた(結婚を前提にお付き合いをしていた)

2・3年以上の同棲期間がある

3・お互いの両親に紹介済みである

などなるべく2人が事実婚の状態であると証明できるものが必要になります

 

別れの理由も大切でパートナーの浮気・不貞行為やDVなどが原因の場合はOKですが

性格の不一致などでは慰謝料の請求は出来ません

結婚している夫婦であっても性格の不一致などでは請求は出来ないので同条件です

 

パートナーの浮気・不貞行為やDVなどが原因で別れる場合 大事なことは確固たる証拠があることです!

 

例えば浮気が原因なら、相手とのメールのやりとり、浮気の証拠写真など

相手が嘘をついて逃げられない状態にしなければなりません

 

法廷に出ても通用する証拠ということです

こうなると素人ではムリなのでプロにお願いする必要があります!

 

弁護士さんに相談するのも良いですが、1時間5000円ほどの料金が発生します

なので私のオススメは探偵事務所に相談することです

業界でもテレビの仕事などをこなしている老舗の原一探偵事務所がいいです

無料で相談出来ますし、その後必要であれば弁護士さんも紹介してくれます

まずは自分の置かれている状態を相談してみましょう

 

 

不倫相談は

 

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
    いいね